《大迫氏の書と店名のお話》



【大迫氏の書】
筑波大の書道の講師だった大迫正一氏
当店の初代のアルバイト生でした。
新生、萬年喜鮨のロゴは彼の手によるものです。

彼は今、九州女子大学の准教授です。



   長楽萬歳  
大変に縁起の良い言葉で
その昔、中国では屋根瓦の丸い部分にこの文字を入れるのが
流行ったそうです。



奥の個室に大きな書の額↑があります。
これは彼の小野崎の開店祝いのプレゼントで
私などは全然わからないのですが
書道をされる方は、伊藤先生のお弟子さんのですか?と
言い当てられるのには驚きです。
また一昨年、鎌倉で書展を開き
その時の作品↓が今カウンター前に飾られております。




滋榮(じえい) 
意味は、何となく解りますよね。
お店にとってはとっても良い言葉だと思います。
左にあるサイン?は閑歩(かんぽ)と書いています。
大迫閑歩は、彼の書道で使う名前のようです。


店内改装後、お待ちかねの
大迫氏の新しい書が、店内の3箇所に飾られました。

 

仁風導和氣(仁風和気を導く。)
人徳ある教えで和気を招く(張華の句)
*この書の額は、左奥のお部屋に飾られました。




活淡無為(てんたいむい)
さっぱりとして私欲なく悠々と暮らす事(荘子の句)
*この書の額は、左側最初のお部屋に飾られました。




紅豆生南国    紅豆(こうず) 南国に生じ
春来発幾枝 
 春来(しゅんらい) 幾枝か発す
願君多采摘   
願わくは君  多く采り摘めよ
此物最相思    
此の物   最も相思わしむ
紅豆は南の国のもの。春になると幾つかの実をつける。
君よ、うんと沢山摘みたまえ。
これは恋の豆、
人思う気持ちを誘うものだから。

*この書の掛け軸は、右奥の個室にかけられました。




2005年夏の書展出品作 
「愚故道」  ぐなるがゆえにみちなり   荘子の語
愚は人間のさかしらな知識がはたらいていないからこそ
道に合するものである。
「人は愚かなものなんです。愚かだから人なのです。」
という事だそうです。
*小さめの額なので、カウンターの横に飾りました


 
大迫氏(装丁 鈴木成一氏)の本  「えんぴつで奥の細道」
今やベストセラーです。鈴木氏もバイトOB。
情熱大陸という番組に出ていましたが
日本一とも言われる装丁家の先生になっています。

【店名のお話】
当店の名前は、完璧な当て字なので(笑)
すぐに(まねきずし)と読んでくださる方は
めったにいらっしゃいません(._.)

まだ、店主が他所で働いていた頃
「いつかお店を出したいなぁ。名前はなにがいいかな?」
と、夫婦でよく夢を描いておりました。

夫婦仲良くお店を切り盛りするように、夫婦寿し(めおとずし)
とか、店主の名をとって正ちゃん寿し
苗字をそのまま使う寿し処など・・・。
たくさん候補があがったのですが
夫婦寿しは照れくさいし、正ちゃん寿しは軽すぎる感がある。
寿し処は・・・何しろ苗字が高井ですから
寿し処 高井・・・う〜ん。お客様、怖くて誰も来てくれないね〜(^_-)

そして
お客様を招いて、末永く喜んで頂けるお店になるように
と、当て字ながら万年喜鮨と名づけました。
すんなり読んでいただけるようにと
家紋の代わりに招き猫をトレードマークに(^o^)

すしと言う字は、関東周辺では一般に【寿し】か【寿司】が
多いのですが、当時関西では【鮨】が主流。
店主は大阪で修行しましたので
自然に【鮨】の文字を使いました。

竹園2丁目のテナントをお借りして15年。
15年使った店名でしたが
どうにも万という字は、形がとりづらく
平成7年に、現在の小野崎に越しました折に
祖父の名前の萬をいただき
萬年喜鮨と改名いたしました。


万年喜鮨  

2011年3月、当店にとっての嬉しいニュース



↑「つくばウワサのお店」は順鮨の順ちゃんが紹介してくれました。
順ちゃんと隣同士で載せてくれてます。
彼はイタリア料理から和食までお友達がいっぱいなんです\(^o^)/





「つくばスタイル」は2度目。本当に有難い事です。
取材当日は朝の自宅からの密着取材でした。


2009年
 
つくばスタイル NO.8
P111です。 お写真撮る前にもうよれよれになってしまいました。
ご覧になったお客様がまず仰るのが「おかみさん、真ん中だね〜」
実はやっちゃんの隣なら少しは細く見えるだろうと計算したら
真ん中になっちゃったんです。
パパ、ごめんなさい(__)

2006年
 
昭文社さんの「サーベイ茨城」

 
近代食堂6月号です。
食事典もそうですがどれも広告料なしでの取材の依頼があり、載せていただいたもので
本当にありがたい事で、支持してくださるたくさんのお客様方のおかげです。

これに奢らず、続けてお客様に愛されるよう

スタッフ一同「よっしゃ〜、ますます頑張ろう!」と、意気込んでいます。
これからも、お叱り・励ましのお言葉・ご意見をお待ちしております。
よろしくお願いいたしますm(__)m



戻る
当サイト内に掲載されている全ての記事及び画像の無断転載を禁じます